photograph:Hiroaki Tanaka

川越の住居 / House in Kawagoe   2013年2月竣工

この家は室名のない余剰の空間が建築の中心にある
それは生活を追求するうえでの余白のようなものである
単純な数値であらわされる広さであるとか室の数ではない
住居を豊かにする在り方の可能性を示せればと考えた

生命感のある空間が表現できればと思っている
そのような空間を成立させる建築は人間との相互の関係性をもち
人間の寿命を包含する時間の永さをもつだろう
まずはその間にある空間に自らが真摯に向き合わなければならない
そうして具象化され形を伴い建築として表現されるような、そのような感覚を得た

photograph,drawing:Norihiro Hirayama